お金に関わることは冷静に

こんにちは。その場でパッと決めた結論と、考え悩んで出した結論、実はほとんど同じ結論に至るらしいです。

例えば、最初に青色の服を着て出かけようと思った。だけど黄色の服も良いなという案が出た。迷いに迷った結果、着て行ったのは青色の服。みたいな感じです。

日常茶飯事で起きている事なので、無意識のうちに最初にパッと出した答えを選択する。それなら最初から直感に従い行動すれば良いのだ。

イエバドを開業する時もそうだった。パッと思いついて、開業してみたいと思い、資金は多少の余裕があることから、失敗してもまた1から貯めなおせば良いくらいで思っていた。

なんだかんだプラスで事業は回っており、貯金もある程度まで貯まった頃、とある話を聞いた。

その話は『ネットワークビジネス』だった。

ネットワークビジネスというと、『権利収入』『不労所得』といった話や『携帯料金の話』『LINEがなぜ広まったのか』の話をされ、知らない世界へ誘い相手を落とすみたいだ。

フリーターの時、一度勧誘をされたことがある。
その時はまるで無知だったため、ネットワークビジネスがどういう仕組みなのかすら分からなかった。お金に余裕があり、将来を考えればやるに越したことない、これは広告事業だからと言葉巧みに自分でも出来そうだと思い込みをさせられ、入ってしまった。
後からネットワークビジネスのことを知り、クーリングオフ期間中に抜けた為、払った金額は全額戻ってきた。
そこからネットワークビジネスは絶対に関わらないと決めた。

だが一度あることは二度あるという事で、巡りに巡りまたネットワークビジネスに関する話をつい最近貰ったわけだ。

事業の役に立つと言われ、またその場で即決してしまった。
話を聞いていると確かにワクワクするような話だった。
ブリッジ形式ではなかったのでどうなんだろうという若干の疑いはあった。
そうしてそのまま一旦家に帰って考える事なく、初期費用を払ってしまった。