[まとめ]キッチンカー製作で重要な事

こんにちは!一年を通してなんとか営業を続けて来れたイエバドです。

キッチンカーで営業するにあたり、資格や営業許可証も大切になって来ますが、他にも重要なポイントがいくつかあります。そんなキッチンカーで押さえておきたいポイントをいくつかまとめてみました。

[目次]
■外装編
■内装編
■運転席編
■その他

■外装編

■タペストリーは遠くからでもわかる大きな商品写真でデザインする
■のぼりや看板は必需品と言っても良いくらい重要な物
■延長コードはドラム式の方が片付けが楽
■夜でも営業している事をアピール出来る様に電飾を設ける
■分かりやすいメニュー一覧にする
■車体の色は暖色系がオススメ(夏に大変なことになるので、黒はやめたほうがいい)
■車の後ろ側でも販売できる仕様にした方がいい
■他のキッチンカーと外装の差別化を図りたいなら、オリジナルデザインを取り入れたラッピングにする。
■場所によって養生シートが必要

外装に関してはキッチンカーを営業するにあたり、非常に大事なポイントになって来ます。特にのぼりや看板、タペストリーの効果は絶大で、何を販売しているのかが一発で分かります。

お客様視点で見た時に、何を販売しているのかが分からないと、ただ車が停まっているだけと見られてしまうこともあるみたいです。看板に関しては俗に言われるA看板を利用すると良いです。少し離れた場所に設置することが出来たり、そこでメニューを見てくださる方もいます。

最初から全てを取り入れる必要はありませんが、営業していき徐々に安定して来たら、外装に投資しても良いかもしれませんね。