保健所申請の流れと注意点

こんにちはイエバドです。開業してから1年が経ちました。おかげさまでイエバドはなんとか、切り盛りしてやってこれております。出店場所もまだまだ少ないのですが、これからもっと拡大できるように精進していけたらなと思います。
さて、今回の題材は、キッチンカーの開業をするにあたって気をつけるべきポイントが『保健所申請』です。保健所の方によって見方はさまざまで、中には細かい所まで要求する厳しい方もいます。そんな保健所申請で気をつけるべきポイントを『東京都』で例えて解説していこうと思います。

■事前相談

キッチンカーを製作する前に、基準となる設備を確認しましょう。東京都が出す基準は、

・手洗いシンク、食器洗いシンクと2つのシンクが必要
・換気扇が必要
・販売窓は二重でなければならない
・冷蔵庫、冷凍庫には室内温度がわかる温度計が必要
・棚が必要
・ゴミ箱が必要
・運転中も冷蔵庫類が稼働できる設備であること
・運転中に冷蔵庫などが倒れないように固定すること


 上記の基準を満たしていれば大丈夫です。各都道府県によって基準が異なっていたりするので、それを含めて事前相談は非常に大切なポイントです。

 また事前相談に伺うと、見取図や申請書をもらう事が出来、次回来所の際にスムーズに流れるようになります。

 事前相談では車の概要はもちろんのこと、ご自身の不明な点等も相談しておいた方がいいと思います。

次のページは車検査当日についてです。