キッチンカーは軽トラがオススメの理由

 こんにちは、イエバドです。夏の暑さから解放され、朝晩は冷え込む季節になりました。体調管理にはお気を付けください!
 さて今回は表題の件に関して、1年続けてきた今だからこそ個人的に思う『キッチンカーを始めるなら軽トラがオススメ』の理由をお伝えできればと思います。よってこの記事はこれから開業したい方向けの記事内容となります。

先に結論からお伝えします。

■立って作業が出来る
■ワンオペに最適な広さ
■出店先の敷地面積が小規模でも車が入る
■軽トラックのデメリットもある

■立って作業が出来る

 自宅での料理、座ってするという人はいますか?大抵ならば、立って作業することがほとんどだと思います。


 軽トラック以上のキッチンカーであれば、ほとんどが立って作業ができます。その為比較的オペレーションがしやすいというメリットがあります。また腰への負担も軽いので、行き帰りの運転に支障が出ずに済みます。


 販売するメニューにもよりますが、ほとんどは軽トラック以上での製作をオススメします。

■ワンオペに最適な広さ

最初のうちは人を雇ってキッチンカーをする人はまずいないと思います。イベント出店でない日はほとんど一人で営業という形が多いです。


 配置する器具にもよりますが、人一人分のスペースがあればワンオペは出来ます。逆に広すぎると、返って物が取りにくかったりするので注意が必要です。


 但し、イベント出店などがメインで、二人以上でのオペレーションを考えているのであれば、軽トラではなくそれ以上の大きさのキッチンカーを製作することをお勧めします。

■出店先の敷地面積が小規模でも車が入る

 出店先によってはスペースが小さく、大型トラックでは入らないといった場所もあります。特に都会の方だと敷地面積が狭いところがほとんどなので、予め調べておく必要があります。


軽トラックなら多く見積もって4m×3mくらいの敷地があれば何処でも出店できちゃうのが魅力です。